脇 イボ

自己処理の脇脱毛で抜いた毛穴からイボができた

自己処理をしていた脇毛の処理方法は、毛抜きで抜いていましたが、抜き方が悪いと、抜いた毛穴が炎症起こして、その後イボみたいになりました。
そのイボみたいな物が、どんどん成長して脇にぶら下がってしまったのです。

 

自己処理といっても、毛抜きで抜く前にはアルコールで消毒してから抜きましたし、抜いた後も消毒して、クリームを塗ってケアしていました。

 

どの処理が悪いのか今もわかりません。
しかし、脇にできたイボみたいなものは少しずつ大きくなって、脇の下が異物感があって気になって仕方ありませんでした。
どんどん大きくなるそのイボのようなものは、夏には着る洋服にも影響がでてきたので、本当に困っていました。

 

これは皮膚科に行って診てもらおうと思い、大きな病院に行きました。
先生はこれは老化現象の一つでねずみのしっぽとよばれるものですね。と言い直ぐにとれますよと、安心させてくれました。
年齢を重ねると思わぬところに、老化現象が現れるものだとびっくりでした。

 

治療は、液体窒素で焼ききる方法でした。綿棒に液体窒素を含ませ幹部の根本に塗ります。特に痛くはありません。処置は簡単で直ぐ終わりました。
その後、まだ摂りきれないイボみたいなものは、黒くなり知らないうちに取れてなくなっていました。

 

再度病院を訪れ先生に見てもらいもう大丈夫、で完了でした。自己処理の脇毛脱毛がなしたことだとばかり思っていましたが、加齢が原因とはほんとにわからないものです。今は綺麗になった脇をみてよかったと一人思う私でした。