脇の悩み 解決

ワキの黒ずみを治す

自分でワキの処理をして、何もケアをしないでいると肌がくすんで黒ずんできてしまうことが多いです。メラニン色素が刺激によって、黒ずみの原因になってしまうのです。

 

自己処理は、カミソリや毛抜きなどを使うことが多いと思いますが、どれも肌に刺激を与えるものです。小さな傷がつくことで、色素新着をおこし黒くなっていってしまいます。

 

ワキやデリケートゾーンは肌が柔らかく刺激に弱いので、脱毛後は正しいケアをする必要があります。脱毛後は肌が乾燥しやすいので、しっかりと保湿をしていきましょう。

 

保湿を怠ってしまうと、ガサガサになり柔らかかった肌が固くなり、くすみがちになってしまいます。
中には埋没毛が黒く見える場合もあります。こういった場合は古い角質を落として、ターンオーバーを促すことが必要です。

 

皮膚の外に毛を出さなければいけないので、スクラブの使用が効果的です。
あまりやりすぎては、肌が炎症をおこしてしまうので、週1回ぐらいで問題ないと思います。

 

また、自己処理をせずにエステなどで脱毛してしまうのも一つの手段です。
自分で処理をすることがなくなるので、ムダな刺激がなくなり、きれいなワキの状態が保てます。
多少お金はかかりますが、その後の負担がなくなります。

 

黒ずみを直すには様々な方法がありますが、どちらの方法も短期間では難しいものです。
処理をする際に、刺激を少なく保湿を心がけて、黒ずみをひどくさせないようにすることが必要だと思います。

 

肌を保湿してターンオーバーを促す為に保湿成分がたっぷりのスキンケアジェルもあります。
コチラの脇の黒ずみ専用美容ジェルは、黒ずみを解消したいならばぜひ手に入れておいて下さい。